地球と人のウェルビーイングを考えて今、行動しよう!

News

なぜ今アクションが必要か?

地球温暖化は、主に温室効果ガス(GHG)の増加が原因で、その中でも二酸化炭素(CO2)が最も影響力が大きいとされています。温暖化が進むことで、気候変動による自然災害の増加や生態系の変化、海面上昇、食糧や水資源への影響など、環境や人々の生活に多大な悪影響を及ぼすことが懸念されています。そのため、CO2排出の削減が急務となっています。

個人としての環境に優しい取り組みは、日常生活の様々な面で実践することができます。以下にいくつかの具体的な取り組みを挙げます。

  1. エネルギー消費の削減:
    • 節電: 家電製品の使い方を工夫し、無駄な電力消費を抑える(出典:環境省)。
    • 省エネ家電の導入: エアコンや冷蔵庫などの省エネ家電を選ぶ(出典:環境省)。
  2. 交通手段の選択:
    • 公共交通機関の利用: 電車やバスなどの公共交通機関を利用することで、CO2排出量を削減(出典:環境省)。
    • エコドライブ: 燃費効率を高める運転方法を実践し、CO2排出量を抑える(出典:環境省)。
  3. 地産地消の推進:
    • 地元産品の購入: 地元で生産された農産物や製品を購入することで、輸送に伴うCO2排出量を抑える(出典:環境省)。
  4. リサイクル・リユース:
    • 資源ごみの分別: ゴミを適切に分別し、リサイクルに回す(出典:環境省)。
    • セカンドハンド商品の活用: 古着や中古品を購入・利用することで、新品の生産・消費に伴うCO2排出量を削減(出典:環境省)。
  5. 食品ロス削減:
    • 適切な量の購入・調理: 食品廃棄物が生じないよう、適切な量を購入・調理する(出典:環境省)。
    • 消費期限・賞味期限の理解: 食品の消費期限・賞味期限を正しく理解し、無駄な廃棄を避ける(出典:環境省)。

これらの取り組みは、個人が日常生活で行うことで、CO2排出量の削減に繋がります。また、環境意識が高まることで

家庭や職場、地域社会での環境への取り組みが広がり、持続可能な社会への移行が加速することが期待されます。

  1. グリーン購入:
    • 環境に優しい製品の購入: エコマークやグリーン購入ネットワークが認定した環境に配慮した製品を選ぶことで、企業に環境への取り組みを促す(出典:環境省)。
  2. 低炭素食の選択:
    • 植物性食品の摂取: 肉類よりも植物性食品の方が、生産過程でのCO2排出量が低いため、積極的に摂取する(出典:環境省)。
  3. 水資源の節約:
    • 水道水の節約: シャワー時間の短縮や水道水の無駄遣いを抑えることで、水資源とエネルギーの消費を削減(出典:環境省)。
  4. 緑化活動への参加:
    • 町内会や地域団体での緑化活動に参加し、CO2の吸収源である植物を増やす(出典:環境省)。

これらの個人レベルでの取り組みが積み重なることで、国全体のCO2排出量削減に貢献できます。また、意識の向上や情報共有を通じて、さらに多くの人々が環境に配慮した生活を送ることが期待されます。

参考:個人も含む様々レイヤーでの取り組み

国際的な取り組み:

パリ協定は、地球温暖化対策のための国際的な枠組みであり、各国が自主的に目標(国別自主貢献、NDC)を設定し、排出削減に取り組むことが求められています。この協定の目標は、気温上昇を産業革命前と比較して2℃以下、できれば1.5℃以下に抑えることです。

日本政府としての取り組み:

日本政府は、2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すと表明しています。また、2030年までの温室効果ガス排出量削減目標を46%削減(2013年比)に引き上げる方針を示しています(出典:環境省)。

地方自治体としての取り組み:

地方自治体は、自らの地域でのCO2排出削減を目指し、地域に特化した取り組みを実施しています。例えば、富山県は、CO2排出量を削減するため、エネルギーの使用効率を高める取り組みや地域内での再生可能エネルギーの導入促進を進めています(出典:富山県)。

企業としての取り組み:

企業は、省エネルギーや再生可能エネルギーの導入、製品やサービスの環境性能向上、サプライチェーン全体でのCO2排出削減を進めています。例えば、パナソニックは、2030年までに自社のCO2排出量を2019年度比で50%削減する目標を設定しています。また、省エネルギー製品の開発や、生産プロセスの効率化により、CO2排出量の削減に取り組んでいます(出典:パナソニック)。

個人としての取り組み:

個人も、日常生活におけるエネルギー消費の削減やリサイクル、地産地消の推進などでCO2排出量の削減に貢献できます。また、エコドライブや公共交通機関の利用、自転車や徒歩での移動など、交通手段を選択することで、CO2排出量を抑えることが可能です。

これらの取り組みを通じて、国際社会、国、地方自治体、企業、個人が一丸となってCO2排出量の削減に取り組むことが、地球温暖化の進行を抑制し、持続可能な社会を実現するために重要です。各レベルでの具体的な課題と対策が今後も求められるでしょう。

※こちらの記事は、ChatGPTによって作成されています。 間違い等が含まれている可能性があります。 気になる箇所等ございましたらコメント欄にご記載下さい。 随時アップデートさせて頂きます。 (アースデイアクション大阪事務局)

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP